会話で咄嗟に言葉が出てこない時の応急処置


Share on LinkedIn
Pocket


ビジネス英会話

会話で単語が咄嗟に出てこないこともありますよね。そんな時に黙って考え込んでいるのではなく、「待って」というサインを相手に出すといいと思います。

アメリカ人は頭でよく考えてから発言するというより、まず思ったことを発言する習慣が身についています。そのため沈黙を苦手とする傾向があり、相手が黙っていると話を促してきたり、回答をせかそうとすることがあります。

 1) Hold on.
  (待って下さい)

 2) One second.
  (ちょっと待って)

対話の場合はボディランゲージを使うことも大切です。例えば、上記のone secondには人差し指を立てて「1秒」を表すジェスチャーがあります。言葉が出てこない時もこれならとりあえずできますよね。

 3) Let me see…
  (ええとですね)

 4) Let me think…
  (考えてみましょう)

 5) Let’s see…
  (そうですねぇ)

こんなフレーズをとりあえず発しておくと、回答を準備中であることを相手がわかってくれます。


他のビジネス英語ブログを見る



関連記事

Leave a comment

Your email address will not be published. Required fields are marked *