話の締めくくりに使うbottom line


Share on LinkedIn
Pocket


Business Series

会計報告書の「最下行」を意味するbottom lineは、最終的な収益・損益を示す最も重要な項目です。そこから派生して「重要点、肝心なこと、結論」として使われています。

 1) The bottom line is that we should accept the terms and conditions.
  (結論を言うと、当社はその契約条件を受け入れるべきです)

 2) That’s the bottom line.
  (それが結果的に最重要なんです)

あれこれ説明したけれど、結果的に重要なのは~、伝えたいことは~と、話を締めくくる時に必ずと言っていいほど使われます。話が多少ごたついても、最後にこのフレーズを使うと不思議とまとまるんですよね。私はマジックワードだと思ってます。

単に「重要なこと」というより、「最終的に重要なこと」というニュアンスが強いのが特徴です。

例えば会議で、あまり要点のまとまらない発言をしていると、他の参加者からこんな風に突っ込まれることもあります。

 3) The bottom line is…?
  (で、結論は?)

日本語にも「帳尻」なんて、会計用語から派生した言葉がありますね。


他のビジネス英語ブログを見る



関連記事

  • 英文メールの書き方6 body(本文)3英文メールの書き方6 body(本文)3 英文メールの本文(用件)が長くなってしまったら、最後に要約をまとめるといいでしょう。In summaryやin […]
  • 「会議」を英語で表すと?「会議」を英語で表すと? 会議、つまり複数の人が集まって話し合う場を表す単語はたくさんあります。日本語でもミーティングといったり、打ち合わせといったり、カンファレンスといったり・・・。その語彙を少し整理し […]
  • 同意の表現「私もそう思います」同意の表現「私もそう思います」 日本語の「思う」という動詞は、とても広い用途で使われる単語です。それらのすべてをthinkという単語に置き換えると語弊が出てしまいます。 […]
  • パーティの種類、呼び方パーティの種類、呼び方 年末年始に何かと多いパーティ。それを表す単語はpartyだけではなく、ball、reception、potluckなどがあります。パーティの内容によって使い分けます。異なるタイプ […]
  • 「明確にする」を意味するclarify「明確にする」を意味するclarify 「明確にする」や「分かりやすく説明する」を英語で表そうとする時、show clearlyやexplain […]

Leave a comment

Your email address will not be published. Required fields are marked *