英文メールの書き方1 基本的なフォーマット


Share on LinkedIn
Pocket


英文メール

英文メールは、一般的に以下の要素、順番で構成されています。

1) salutation (呼びかけ)
2) greeting (挨拶)
3) body (本文)
4) closing (結び)
5) name/signature (名前/署名)
6) note (備考)

日本語メールとそれほど変わらないので、難しいことはないと思います。もちろん今は日常的にメールを送受信しますので、これらの要素すべてが入っているとは限らず、略式のメールも多くみられます。

かなり基本的なことですが、e-mailの正式な言い方を知ってますか?日本語で「電子メール」と言うように、正式にはelectronic mailです。契約書や公式の文書などでは、略さずにこの単語を使います。

e-mailという単語には、「電子メール」という名詞、「~に電子メールを送る」という動詞の両方の意味があります。日本語でよく「メール、メール」と言いますが、英語のmailは「郵便物、郵便を送る」の意味なので注意して下さい。

最近はemailのようにハイフンを入れない綴りも定着しています。

*英文メールの書き方をシリーズで解説しています。⇒こちらで一覧を見ることができます。


他のビジネス英語ブログを見る


関連記事

  • 英文メールの書き方9 singature(署名)英文メールの書き方9 singature(署名) 日本語でもそうですが、メールの文末に署名欄を入れるのが一般的です。ただ英語の署名欄は日本と順番が違うので注意が必要です。例を見てみましょう。 […]
  • 英文メールの書き方3 greeting(挨拶)英文メールの書き方3 greeting(挨拶) いきなり用件から始めるのではなく、最初に簡単な挨拶を入れるのは英文も同じです。ただし、「お世話になっております」といったお決まりの表現はありません。 […]
  • 英文メールの書き方2 salutation(呼びかけ)英文メールの書き方2 salutation(呼びかけ) salutationは「呼びかけ」という意味で、日本語の文書の「~様へ」に当たる部分です。ビジネスで一般的なsalutationを紹介します。 […]
  • 英文メールの書き方10 note(備考)英文メールの書き方10 note(備考) 署名欄の下、最後の最後にnote(備考)がついているEメールをよく見かけます。たいていは情報の機密に関する断り書きです。例を見てみましょう。 […]
  • 「よろしくお願いします」を英語で 文書編「よろしくお願いします」を英語で 文書編 日本語の文書では、最後を「よろしくお願いします」で締めくくることが多いですね。ですが英語では、「よろしくお願いします」に当たる表現がないので、ほかの定番表現を使うことになります。 […]

Leave a comment

Your email address will not be published. Required fields are marked *