英文メールの書き方3 greeting(挨拶)   Updated!


Share on LinkedIn
Pocket


英文メールの書き方シリーズ、3回目はgreeting(挨拶)です。

いきなり用件から始めるのではなく、最初に簡単な挨拶を入れるのは英文メールも同じです。ただし、「お世話になっております」といったお決まりの表現はありません。

挨拶はシチュエーションによって変わってきます。

*初めてメールを出す時(自己紹介)
 1) My name is Yoji Nomura.
  (ノムラ・ヨウジと申します)


 2) I am business development manager of Toyo Trading Co., Ltd.
  (私はトウヨウ・トレーディング社の事業開発課長です)

「初めまして」に当たる表現はありません。間違ってもNice to meet you.と書いたりしないで下さいね。メールでのやり取りで実際に会っているわけではありませんので。

*相手のEメールや行為にお礼を言う
 3) Thank you for your inquiry regarding our products.
  (弊社製品に関するお問い合わせありがとうございます)

 4) Thank you for sending me the prompt reply.
  (早速ご返信をお送りいただきありがとうございます)

*電話の後のフォローアップ
 5) It was nice talking with you on the phone.
  (お電話でお話できて良かったです)

*親しい人への安否の気遣い
 6) I hope all is well with you.
  (お元気でいらっしゃるといいのですが)

本題に入る前に入れる挨拶文はこんな感じですが、何度もやり取りをして用件もわかっている相手ならすぐに本題に入っても問題ありません。

*英文メールの書き方シリーズは ⇒こちら


他のビジネス英語ブログを見る



関連記事

  • 英文メールの書き方1 基本的なフォーマット英文メールの書き方1 基本的なフォーマット 英文メールは、一般的に以下の6つの要素で構成されています。1) salutation (呼びかけ), 2) greeting (挨拶), 3) body (本文), 4) […]
  • 英文メールの書き方5 body(本文)2英文メールの書き方5 body(本文)2 本文はできるだけ簡潔に3段落くらいにまとめたいものです。もちろん、内容によっては複雑で長くなることもありますので、話を整理する上でtransitional […]
  • 英文メールの書き方11 サンプル英文メールの書き方11 サンプル 商品に関する問い合わせをする時の英文メールのサンプル。1) salutation (呼びかけ), 2) greeting (挨拶), 3) body (本文), 4) […]
  • 英文メールの書き方9 singature(署名)英文メールの書き方9 singature(署名) 日本語でもそうですが、メールの文末に署名欄を入れるのが一般的です。ただ英語の署名欄は日本と順番が違うので注意が必要です。例を見てみましょう。 […]
  • 英文メールの書き方7 body(本文)4英文メールの書き方7 body(本文)4 本文の最後は「よろしくお願いします」的なフレーズで締めくくりたくなりますね。ですが英語には「よろしくお願いします」にぴったり当てはまる表現がありません。ですから、文脈によって締め […]

Leave a comment

Your email address will not be published. Required fields are marked *