英文メールの書き方7 body(本文)4


Share on LinkedIn
Pocket


英文メールの書き方シリーズ、7回目はbody(本文)その4です。本文はその1からその4に分けて解説しています。

用件を述べ、その後に要約をまとめたとします。最後の最後には「よろしくお願いします」的なフレーズで締めくくりたくなりますね。ですが英語には「よろしくお願いします」にぴったり当てはまる表現がありません。ですから、文脈によって締めくくりのフレーズも変わってきます。

 1) Thank you for your attention.
  (ご高覧ありがとうございます)

1)は、重要な事項が書いてある文書の最後によく使います。「よろしくご査収下さい」に近いものがあります。

 2) We look forward to hearing from you.
  (お返事をお待ちしております)

2)は、相手に何らかの行動を期待する時に使えるフレーズです。toの後には動詞のing形だけでなく、your prompt reply(すぐのご返信)のような名詞を持ってくることもできます。

 3) Please contact me if you have any questions.
  (ご質問があればご連絡下さい)

3)は、日本語のEメールでも定番ですね。

 4) Thank you in advance for your help.
  (お力添えに事前にお礼申し上げます)

4)は、相手にこれから何かをしてもらう時やお願いする時に「前もって感謝します」という意味で使うフレーズです。「よろしくお願いします」にかなり近い意味合いですね。

こういった締めくくり文でbody(本文)は完了となります。

*英文メールの書き方シリーズは ⇒こちら


他のビジネス英語ブログを見る



関連記事

  • 「よろしくお願いします」を英語で 会話編「よろしくお願いします」を英語で 会話編 「よろしくお願いします」にぴったり当てはまる表現は英語にはありません。日本語の「よろしくお願いします」は実にいろいろな意味で使っているので、英語ではその時のシチュエーションに合わ […]
  • 「よろしくお願いします」を英語で 文書編「よろしくお願いします」を英語で 文書編 日本語の文書では、最後を「よろしくお願いします」で締めくくることが多いですね。ですが英語では、「よろしくお願いします」に当たる表現がないので、ほかの定番表現を使うことになります。 […]
  • 英文メールの書き方3 greeting(挨拶)英文メールの書き方3 greeting(挨拶) いきなり用件から始めるのではなく、最初に簡単な挨拶を入れるのは英文も同じです。ただし、「お世話になっております」といったお決まりの表現はありません。 […]
  • 英文メールの書き方10 note(備考)英文メールの書き方10 note(備考) 署名欄の下、最後の最後にnote(備考)がついているEメールをよく見かけます。たいていは情報の機密に関する断り書きです。例を見てみましょう。 […]
  • 英文メールの書き方12 ポイント英文メールの書き方12 ポイント 英文メールの書き方シリーズでで解説してきたポイントをまとめます。

Leave a comment

Your email address will not be published. Required fields are marked *