英文メールの書き方9 singature(署名)   Updated!


Share on LinkedIn
Pocket


英文メールの書き方シリーズ、9回目はsignature(署名)についてです。

日本語で「サイン」と言いますが、signは「署名する」という動詞です。名詞で使われる時は「標識、表示、兆し」といった意味になります。「署名」はsignatureですので注意して下さい(関連記事は →こちら

英語の署名欄は日本語と順番が異なります。例を見てみましょう。

 Osamu Makihara
 Manager, Business Development
 East-West Trading Co., Ltd.
 Main Office
 Shinjuku 8-24-12, Shinjuku-ku, Tokyo 160-0022
 Main: +81-3-5555-0000 
 Direct: +81-3-5555-0011
 Fax: +81-3-5555-0111
 Website: http://www.eastwestgroup.co.jp
 E-mail: omakihara@eastwestgroup.co.jp

最初の行に自分の名前が来ます。その次に肩書きと部署名です。長ければ一行ずつ使っても構いません。その下に社名が入ります。拠点が複数ある場合は社名の後に自分の配属先を入れておくのも一般的です。本社ならMain Office、九州支社ならKyushu Regional Officeなど。その下に勤務先の住所、電話番号、ファクス番号などが来ます。

電話番号には日本の国番号である81をつけてあげると親切ですね。国際電話で日本にかける時は最初の0をとりますので、相手にとっては上記のような番号になります。

「ホームページ」は和製英語ですから、署名欄にHomepageとは書かないで下さいね。英語ではWebsiteです。URLと書いている企業もあります。

上記はかなり包括的な署名ですが、住所やファクス番号を省いたりと、より簡略化した署名を使っているビジネスパーソンもいます。その書き方は各企業のEメールに関する方針とも関係しますね。しょっちゅうやり取りする相手もいますから、できるだけスッキリとまとまっているほうがいいですね。

個人的には住所と直通番号が入っている署名が好きです。ちょっと電話をかけたい時や郵便を送りたい時、わざわざ名刺を探すよりも最新のEメールを見つけるほうが簡単ですごく助かります。最近は名刺交換しない人もいますし。メールアドレスは送受信者として入っているので署名欄には敢えて必要ないかな、という気がします。

*英文メールの書き方シリーズは ⇒こちら


他のビジネス英語ブログを見る



関連記事

  • 英文メールの書き方1 基本的なフォーマット英文メールの書き方1 基本的なフォーマット 英文メールは、一般的に以下の6つの要素で構成されています。1) salutation (呼びかけ), 2) greeting (挨拶), 3) body (本文), 4) […]
  • 「署名する」のsign、「署名」のsignature「署名する」のsign、「署名」のsignature 動詞のsignは「署名する」という意味、その名詞である「署名」はsignatureです。名詞として使うsignは「標識、看板、記号、兆候」と、間違いやすいので注意が必要です。 […]
  • 英文メールの書き方11 サンプル英文メールの書き方11 サンプル 商品に関する問い合わせをする時の英文メールのサンプル。1) salutation (呼びかけ), 2) greeting (挨拶), 3) body (本文), 4) […]
  • 英文メールの書き方3 greeting(挨拶)英文メールの書き方3 greeting(挨拶) いきなり用件から始めるのではなく、最初に簡単な挨拶を入れるのは英文も同じです。ただし、「お世話になっております」といったお決まりの表現はありません。 […]
  • 英文メールの書き方4 body(本文)1英文メールの書き方4 body(本文)1 本文では、まずEメールを送る理由を簡潔に述べるのがいいと思います。日本には起承転結という文章の書き方がありますが、これは英語スピーカーをとても混乱させます。 […]

Leave a comment

Your email address will not be published. Required fields are marked *