「~しに来た」は過去形で表現しない


Share on LinkedIn
Pocket

receptionist01

企業の訪問時に受付で「スミスさんに会いに来ました」のように言いますよね。日本語では「~しに来ました」と過去形で表現しますが、英語では少し発想が違います。

 1) I’m here to see Mr. Smith.
  (スミスさんに会いに来ました)

1)のようにbe here to~という表現が適切です。自分はもうそこにいるのですから、cameという過去の動作ではなく、現在の状態で表すのが英語的言えます。

 2) She’s here to pick up the documents.
  (彼女が資料を受け取りに来ています)

これも1)と同じで、彼女がすでに「そこにいる」と表現します。受付からの内線電話でこのように言いますね。

 3) We’re here to attend the seminar.
  (セミナーに参加するために来ました)

セミナー会場の受付などで使う表現です。このまま言えるように練習しましょう。

 4) He came all the way here to meet you.
  (彼はあなたに会いにはるばる来てくれたんですよ)

「そこにいること」よりも「来た」という動作に重要な意味がある時は4)のように過去形で表現します。

日本語は「~した」と過去形の表現が多い特徴があります。ですが英語は時制にもう少し敏感で、現在のことは現在形で過去のことは過去形で、とハッキリ分かれています。その違いを意識してみて下さい。

*時制に関する他の記事
「何があったんですか?」は英語では現在形



他のビジネス英語ブログを見る



関連記事

  • 「紹介を受ける」という表現「紹介を受ける」という表現 取引先から紹介されて知らない会社にコンタクトする場合の「紹介」はintroduceではなくreferという単語を使います。人と人が知り合う意味での紹介がintroduceなのに対 […]
  • redeemの使い方redeemの使い方 redeemはいろいろな定義を持ち、専門的な使われ方もするのですが、ビジネスに絡んだ用途を中心に見ていくことにします。基本となるのは「取り戻す」という意味です。 […]
  • 「ご注意下さい」を表す動詞のnote「ご注意下さい」を表す動詞のnote Eメールや書類などに、Please note~とかNote […]
  • 「関係がある、ない」の表現「関係がある、ない」の表現 「関係がある、ない」にはrelatedやassociatedだけでなく、have something to do […]
  • 「ご安心下さい」の表現「ご安心下さい」の表現 Eメールなどでよく「~ですのでご安心下さい」のように言いますよね。そんな時に便利なのがassuredを使った表現です。 […]
  • 「春が来た」はSpring has comeであっている?「春が来た」はSpring has comeであっている? 「春が来た」と日本語で表現する時、「来た」と過去形になりますよね。その英語として"Spring has […]

Leave a comment

Your email address will not be published. Required fields are marked *