「上から目線」を英語で表現すると?


Share on LinkedIn
Pocket


「上から目線」というフレーズが定着しましたよね。他人を上から見下した言葉や行動を表す俗語です。これにぴったりなのがcondescendingという単語です。例文を使って見ていきましょう。

condescendingを使った例文:

1) Watch what you say. That statement sounded condescending.
 (言葉に気をつけて。今の発言は上から目線に聞こえます)

このcondescendingは「人を見下すような、憐れむような、慇懃無礼な」という意味を持つ形容詞です。英語の辞書を見ると、”superior”な感覚を持つことと書かれています。“コンディセンディング”と発音します。人に対しても、1)のようにstatement(発言)などに対しても使われます。

まさに日本語の「上から目線」にぴったりです!

2) I'm so concerned about her condescending attitude.
 (彼女の人を見下したような態度が気になってるんだ)

2)のようにcondescending attitudeで「人を見下したような態度」です。また、相手が自分より弱い立場、下の立場だという思いから、わざと親切にしたり、慇懃無礼に振舞ったりすることも、この単語で表します。

3) How can I avoid sounding condescending?
 (上から目線と思われないようにするにはどうしたらいいですか?)

「~と思われないようにするにはどうしたらいいか?」は日本語でよく言うフレーズですが、このまま英語にするのは無理があります。そこで3)のように「どうしたら~のように聞こえるのを避けられるか?」と表現します。

「~だと思われる」という日本語は、「~のように聞こえる」としてsoundを使うとたいてい上手くいきます。見た目に関することは「~のように見える」であるlookを使います。

4) Do you think I'm condescending when it comes to art?
 (私って芸術のことになると上から目線?)

例えば自分以外の人をcondescendingで表す時は、1)のようにsound condescendingとして「見下したように聞こえる」と言うほうが無難です。You are condescending.と断言するのはよほどの注意が必要です。ですが、自分のことなら4)のようにI’m condescendingとストレートに言っても大丈夫です。


他のビジネス英語ブログを見る



Leave a comment

Your email address will not be published. Required fields are marked *