「1時間の乗り継ぎがあります」の表現   Updated!


Share on LinkedIn
Pocket


飛行機の旅でlayoverという単語をよく使います。これは「乗り継ぎの間の待ち時間」という意味です。stopoverという単語でも表します。「乗り継ぎ便」はconnecting flightでまったく違う単語ですね。

 1) I have a one-hour layover in Seattle.
  (シアトルで1時間の乗り継ぎ時間があります)

数えられる名詞なのでa layoverと表し、具体的な時間はone-hourのようにハイフンでつないで「1時間の」と形容詞的に使います。

layoverには「途中下車、待ち合わせ」という意味もあります。日本では電車に当てはめることもできます。普通、快速、急行、特急などが線路を共有している場合、より早い電車がどこかの駅で追い抜くことがありますよね。その時、普通列車が「待ち合わせのためにしばらく停車する時間」をlayoverやstopoverで表すことができます。

  2) I can’t believe how long the layover is.
   (乗り継ぎ時間が長すぎる!信じられない!)

2)は「乗り継ぎ時間が何て長いのか信じられない」という表現です。1)も2)も時間のことを指しています。

 3) Can you tell me how to transit to a domestic flight?
  (国内線への乗り継ぎはどうしたらいいですか?)

3)は「乗り継ぎ時間」ではなく「乗り継ぐ」という行為に対してtransitという単語を使っています。

 4) Please proceed to Terminal A for the connecting flights.
  (乗り継ぎ便はターミナルAまで進んで下さい)

4)は冒頭にもあるように「乗り継ぎ便」としてconnecting flightsと表現しています。

日本語では「乗り継ぎ」という言葉のみですが、英語はこのように色々と分かれていますので注意して下さい。

ちなみに、2)で紹介したI can’t believe how~は本当によく使います。エクストラとしてまとめておきます。

 5) I can’t believe how spicy this soup is!
(このスープの辛さ、信じられない!)

 6) I can’t believe how slow the traffic is.
  (この渋滞のひどさはあり得ません)

howの後に形容詞か副詞が来ます。ぜひ活用してみて下さい。


他のビジネス英語ブログを見る



関連記事

Leave a comment

Your email address will not be published. Required fields are marked *