「満室、空室、満席、空席」空き状況を表す表現


Share on LinkedIn
Pocket

英語で空き状況を表すのは非常にシンプルで、「空いている」はavailable、「空いていない」はunavailableという形容詞を使います。この2つは席、部屋、会場など、あらゆることの空きに使えます。

 1) Is the conference room available this afternoon?
  (会議室は午後空いていますか?)

 2) We have a few seats available on that day.
  (その日はいくつか空席がございます)

1)は会社で会議室の空きを確認する会話、2)は航空会社の予約係との会話と考えて下さい。2)はa few available seatsで「いくつか空いている席」とすることも可能です。ここではhave a few seats availableで「席をavailableな状態で持っている」と表しています。非常によく使う表現です。

 3) Unfortunately the venue is unavailable during that week.
  (残念ながら会場はその週ふさがっています)

availableの逆で「ふさがって、空いていない」を表すのがunavailableです。

 4) I was just told that the hotels in the downtown area are fully booked.
  (ダウンタウン地区のホテルはどこも満室だって言われました)

「満室」の表現です。unavailableでもいいのですが、「いっぱい」を示す時はfullと言ったり4)のようにfully booked(予約で埋まって)と言うほうが的確です。bookは「予約する」という動詞の意味もあります。

 5) I’m sorry but we’re completely booked until Saturday.
  (申し訳ありませんが土曜日まで満席です)

5)はレストランの予約係との会話と考えて下さい。「満席」もbookedで表します。主語をweにしてwe are bookedで「当店は予約で埋まっています」と言うことができます。

 6) I’d like to find out flight availability from Tokyo to Singapore for late May.
  (5月後半の東京発シンガポール便の空き状況を知りたいのですが)

おまけで「空き状況」を意味するavailabilityを紹介しておきます。6)のようにflight availabilityで「航空便の空き状況」、seat availabilityで「座席の空き状況」、room availabilityで「部屋の空き状況」のように使います。

Share on LinkedIn
Pocket

Leave a comment

Your email address will not be published. Required fields are marked *