休暇・休業を伝える例文


Share on LinkedIn
Pocket

海外の取引先などに、自分の休暇や会社の休業を伝えるための例文を紹介しておきます。

個人の休暇:
 1) I’ll be on vacation from August 11 to 15 JST.
  (日本時間で8月11日から15日まで夏休みを取らせていただきます)

1)のJSTはJapan Standard Time(日本標準時間)のことです。

 2) You won’t be able to reach me during this period.
  (この期間は連絡を取ることができません)

 3) I’ll be out of office for the holidays between Dec. 20 and Dec. 25.
  (12月20日から25日まで年末休暇でオフィスを離れます)


 4) Please contact Hiro Minato (Mr.) for urgent matters during my absence.
  (不在中に緊急の御用がありましたらミナト・ヒロ(男性)にご連絡下さい)

会社・組織単位での休業:
 4) Our office will be closed on Aug. 12 and 13 for summer break.
  (当社は8月13日および14日を夏季休業とさせていただきます)

 5) We will resume our business on Aug. 16.
  (8月16日に業務を再開いたします)

 6) Our company will be in winter recess on Dec. 24 and 25.
(当社は12月24日と25日を冬季休業とさせていただきます)

個人的に取る休暇はvacationで表しますが、breakやrecessは個人にも企業の休業にも使えます。

アメリカは個人が有給休暇によって個々に休暇を決める習慣が強いので、企業が定める休業日はミニマムです。

Share on LinkedIn
Pocket

Leave a comment

Your email address will not be published. Required fields are marked *