「取引する、取引、取引先」はどう表現する?


Share on LinkedIn
Pocket

日本語の「取引する」「取引」はとても広い意味で使っている表現です。dealやtradeという単語を紹介している教材を見かけますが、意味が違うこともあるので気をつけたいものです。

例文を見てみましょう。

 1) Our company does business with manufacturers in China.
  (当社は中国の製造業者と取引しています)

 2) Thank you for your business.
  (お取引ありがとうございます)

日本語でも「ビジネス」と頻繁に言いますが、businessはもともと「商取引」の意味なんですね。「~と取引する」の表現で最も一般的なのがdo business with~です。これはぜひ覚えて下さい。また、2)は決まり文句です。請求書などにもよく書かれています。

 3) We appreciate your patronage.
  (ご愛顧に感謝いたします)

3)は、2)のかしこまった言い方で、請求書などで時々見かけます。patron(後援者、得意客)という単語がありますよね。patronageはそこから派生して「引き立て、ひいき」という意味になります。

4) Verify your last transaction to avoid any fraudulent activity.
(不正行為を避ける為に、お客様の最後のお取引をご確認下さい)

銀行にお金を預け入れたり、銀行からお金を引き出したりしますよね。最近はオンラインで振込や送金もできるようになりました。そういった行為を日本語で「取引」と総称しますが、それに当たるのがtransactionです。actionとついているように、お金などをやり取りする行為を示します。クレジットカードの取引も同様です。

ほかの単語としてdealやtradeがあります。dealは「極秘に取引する」のようなかけ引きや交渉によって成立させる策を指し、tradeは主に株や金融商品の取引を指します。tradeは「貿易」という意味もあります。

 5) Deal?
  (取引成立?)

ビジネスに限らず日常会話でもしょっちゅう使う表現です。例えば、I’ll drive and you’ll pay for dinner. Deal?(私が運転するからあなたが夕食をおごって。取引成立?)のような感じです。このような交渉、駆け引きに使うのをdealと覚えて下さい。

「取引先」として一般的なのがclientです。customerと言っても問題ありません。



他のビジネス英語ブログを見る



関連記事

  • 「実行する」を表すimplement「実行する」を表すimplement 何かを「実行する」、例えば計画や提案などと組み合わせてビジネスの場で使いたいのがimplementという単語です。executeもほぼ同義ですが、こちらは「死刑を実行する」という […]
  • 動詞のcreditの使い方動詞のcreditの使い方 多くの意味を持つcreditですが、動詞としての使い方を見てみましょう。アメリカの金融事情とも深い関連があります。 […]
  • 動詞としてのoutline動詞としてのoutline outlineは日本語でも「アウトライン」というように名詞では「輪郭、骨子、概要」という意味ですが、動詞で「要点を述べる、概説する、簡単にまとめる」としても非常によく使われます。 […]
  • 締切や期限を表すdue締切や期限を表すdue dueは「~する予定で、期限が来て」を意味する形容詞で、支払いに関連してよく使われます。例えば請求書にはこんな風に書かれています。 […]
  • 「給与」「ギャラ」「歩合」「印税」など、報酬に関する語彙「給与」「ギャラ」「歩合」「印税」など、報酬に関する語彙 労働の対価として得るお金の語彙を整理しましょう。「給与」はsalary、「ギャラ」はguaranteeと思い込んでいませんか? […]
  • 英語で表す「同僚、同期、先輩、後輩」英語で表す「同僚、同期、先輩、後輩」 社内での人間関係において、「同僚」「同期」「先輩」「後輩」といった呼び方があります。これを英語で表すとどうなるでしょう? […]

Leave a comment

Your email address will not be published. Required fields are marked *