硬貨の呼び方とそれが意味するもの


Share on LinkedIn
Pocket


英語の硬貨にはそれぞれ名称がついていて、同時に象徴的な意味を持っています。

1) penny (1セント硬貨)
pennyには「わずかな金額」を表す時に使います。

 The membership doesn’t save you a penny.
  (会員になったからって1銭の得にもならないわ)

日本語でも「1銭」を小額に喩えることがありますね。pennyは諺や慣用表現でも多く使われます。ちなみに、pennyの複数形はアメリカではpenniesですが、イギリスではpenceとなります。

2) nickel (5セント硬貨)
nickelも小額を意味する時に使います。a nickel-and-dime job(低賃金の仕事)など。

3) dime (10セント硬貨)
dimeも上記のように、小額を意味する時に使います。また、数字の「10」を意味する時もあります。dime a dozenといえば「ありふれたもの、簡単に手に入るもの」のことです。

4)quarter (25セント硬貨)
1ドルの4分の1ということで、25セント硬貨はquarterと呼ばれます。この単語は「4分の1」としての意味が強いので、硬貨そのものが象徴することはそれほどありません。ですが最もよく使われる硬貨という意味で、Got some quarters?(小銭もってる?)のような言い方はします。

アメリカには50セントや1ドル硬貨もありますが、めったに使われることはありません。特に愛称もなかったはずです。カナダには1ドルと2ドルの硬貨があり、それぞれloonie、toonieという愛称がついています。

ちなみに英語で小銭はchangeという単語が定着しています。Do you have change?で「小銭を持ってますか?」となりますが、これはホームレスが現金を乞う時の定番フレーズなので、使い方に注意が必要です。知らない相手に小銭をくずして欲しい時はDo you have change for a dollar?(1ドル分の小銭を持ってますか、1ドルがくずれますか?)と聞けば誤解されずに済むでしょう。


他のビジネス英語ブログを見る


関連記事

Leave a comment

Your email address will not be published. Required fields are marked *