動詞のcreditの使い方


Share on LinkedIn
Pocket


多くの意味を持つ単語ですが、動詞としてのcreditを見てみましょう。アメリカの金融事情とも深い関連があります。

 1) We will credit you with a full refund for returned merchandise.
  (返品については、全額をカードに払い戻します)

1)のように、creditがお金に関する動詞として使われる時、「(口座やクレジットカードなどに)入金する、払い戻す」となります。

例えば、カードを使って買った品に欠陥があったとします。返品して返金を求める場合、現金で戻ってくるわけではなく、支払いに使ったカードに払い戻しを行うのが通常です。その行為がcreditなんですね。カード社会のアメリカではこういうことがよく起こります。

 2) You will be credited with the difference of $15 within 5 business days.
(差額の15ドルは5営業日以内に口座に振り込まれます)

2)のように、be credited with~と受動態で使うことも多いです。先日、あるインターネットのサービスを購入したのですが、請求書に合計105ドルと書いてあるのに、銀行口座から120ドルが引き落とされていました。すぐBilling Department(経理部)に連絡を取ると、「システムエラーで過剰請求してしまいました」という謝罪メールが来て、そこに上記のような文が書かれていました。銀行口座に払い戻す時もやはりcreditなんですね。

 3) Apply for membership now. We’ll credit 50,000 bonus miles to your account.
  (今すぐ会員登録して下さい。5万マイルのボーナスを差し上げます)

3)は、航空会社のマイレージ会員の勧誘で使われるフレーズです。お金以外にも、ポイントやマイルなどを「与える」として使います。giveよりもビジネスライクな響きがあります。


他のビジネス英語ブログを見る



関連記事

Leave a comment

Your email address will not be published. Required fields are marked *