「~したほうが良い」の表現


Share on LinkedIn
Pocket


had betterはよく議論されるフレーズのトップ5くらいに入りますね。学校で「~したほうが良い」と習いませんでしたか?確かに直訳としてはその通りなのですが、使い方に十分な注意が必要です。

簡単に言うと「上から目線」のニュアンスが強く、「~するのが身のためだ、~しないと困ったことになるぞ」のように偉そうな響きがあるのです。そのため、ビジネスではあまり使いません。口語でこんな風に言うことがありますが、かなり威圧的です。

 You’d better hurry up.
  (早くしろよ!)

私自身、had betterは家族や親しい人にしか使いませんし、たいてい冗談ぽっく言います。ただし、Better hurry!のようなキャッチフレーズは目にすることがあります。小売店がセールをやる時などに「急がないと大変、お買い得品はすぐなくなっちゃうよ」的な感覚で使っています。

もっと日本語のニュアンスを汲んだ「~したほうが良い」には、ほかの表現を使う必要があります。

 1) I think you should apologize to the manager.
  (課長に謝ったほうがいいですよ)

1)は「謝るべきだと思う」が直訳で、自分の意見やアドバイスを述べる時の表現です。should(~すべきである)が入るので、I thinkをつけることで尊大なニュアンスが薄れます。

 2) It would be better for both of us to reconsider the issue.
  (お互いにとって問題を再検討したほうがいいでしょう)

2)は「~したほうがいいだろう」という仮定を使った表現で提案のニュアンスが強いです。It is better~でもOKでIt would be better~はより婉曲的になります。取引先に使うとしたらこの表現が無難ですね。

 3) You don’t want to know the truth.
  (本当のことは知らないほうがいいと思う)

3)は「あなたは本当のことを知りたくありません」が直訳ですが、口語でYou want to~を「~したほうがいい」、You don’t want to~を「~しないほうがいい」という意味で使います。

このwant do/don’t want toはかなり日常的で、You don’t want to miss this chance!(このチャンスをお見逃しなく)のようなキャッチフレーズとしても目にします。


他のビジネス英語ブログを見る


関連記事

Leave a comment

Your email address will not be published. Required fields are marked *