ビジネスで欠かせないinvoice


Share on LinkedIn
Pocket


日本で全く習わないのに、アメリカであまりにも頻繁に使われていて驚いた、という単語の1つがinvoiceです。

書類としての「請求書」を意味する、ビジネスの超重要単語です。請求書を作成する時に「請求書」と大きく書きますよね。英語の請求書では、そこに入るべき単語がこのinvoiceなのです。

 1) Attached please find the invoice for this month.
  (今月分の請求書を添付しました。よろしくご査収下さい)

 2) Please send me an invoice ASAP.
  (至急で請求書を送って下さい)

使い方はこんな感じです。数えられる名詞なので複数はinvoicesとなります。

1)はAttached please findとなっていて分かりにくいかもしれません。これは定型フレーズで「~を添付したのでよろしく」といった感覚です。おそらくThe invoice is attached, please find it.のような2つの文をつなげて定着したフレーズなのでしょう。もちろんPlease find the attached invoice.でも問題ありません。

企業間の取引だけでなく、小売店などでもよく使われていて、お店で買物をするとreceipt(レシート、領収書)の代わりにinvoiceと書かれた紙を渡されることがあります。

「請求書」にはbillという単語もありますが、アメリカでは「(飲食店などの)勘定書」という意味が強く、書類にbillと書くのは一般的ではありません。ただ、「請求明細書」としてbilling statementという単語は一般的です。例えば、家庭で受け取る光熱費や電話代の請求書にそう書かれています

もう1つ、覚えておきたいのがcommercial invoiceという語彙です。「商用送り状」という意味で、商用で国際郵送を行う時に添付する書類です。ここでは「請求書」の意味はなくなるので注意して下さい。


他のビジネス英語ブログを見る



関連記事

  • 硬貨の呼び方とそれが意味するもの硬貨の呼び方とそれが意味するもの 英語の硬貨にはそれぞれ名称がついていて、同時に象徴的な意味を持っています。 […]
  • account executiveという肩書きはエグゼクティブ?account executiveという肩書きはエグゼクティブ? アメリカでよく見かける肩書きにaccount […]
  • 「~に関して」を表すregarding「~に関して」を表すregarding regardingは「~に関して、~について」を意味する前置詞として使われます。類義語のaboutよりもかしこまった感じがありますが、知らないところで意外と使っている単語なのです […]
  • redeemの使い方redeemの使い方 redeemはいろいろな定義を持ち、専門的な使われ方もするのですが、ビジネスに絡んだ用途を中心に見ていくことにします。基本となるのは「取り戻す」という意味です。 […]
  • 意外と知られていないrecap意外と知られていないrecap ビジネスの場でrecapという単語をよく使います。日本ではrescheduleのことを「リスケ」と言ったりしますが、recapはカタカナ語としてまだ使われていないようですね。 […]

Leave a comment

Your email address will not be published. Required fields are marked *