意外と知られていないrecap


Share on LinkedIn
Pocket


ビジネスの場でrecapという単語をよく使います。日本ではrescheduleのことを「リスケ」と言ったりしますが、recapはカタカナ語としてまだ使われていないようですね。

 1) Let’s recap.
  (要点をまとめましょう)

1)は会議に頻出する表現です。recapは「要約する、概要を繰り返す」を意味するrecapitulateの省略で、ビジネスやニュースなどでよく使います。

  2) I’ll recap this later.
  (私が後で要点を繰り返します)

2)のように他動詞で使うことも可能です。例えば、話が長くてややこしくなった時にこう言うと相手が安心しますね。

「要点をまとめる」としてoutlineという動詞もあります。確かに日本語の意味は類似しますが、2つの単語は使い方が違います。recapは「再びcapitulateする」ということですから、後になって振り返る行為を示します。また、outlineが主に文書の要約を指すのに対し、recapは口頭でのコミュニケーションの要点をまとめる意味が強いと思います。

 3) Here is today’s recap.
  (今日のニュースのまとめです)

3)は、英語のニュース番組でよく聞く表現です。ここでのrecapは「要点を振り返ること」という名詞で、recapitulationの省略です。

*関連記事
動詞としてのoutline


他のビジネス英語ブログを見る


関連記事

  • 動詞としてのoutline動詞としてのoutline outlineは日本語でも「アウトライン」というように名詞では「輪郭、骨子、概要」という意味ですが、動詞で「要点を述べる、概説する、簡単にまとめる」としても非常によく使われます。 […]
  • redeemの使い方redeemの使い方 redeemはいろいろな定義を持ち、専門的な使われ方もするのですが、ビジネスに絡んだ用途を中心に見ていくことにします。基本となるのは「取り戻す」という意味です。 […]
  • ビジネスで欠かせないinvoiceビジネスで欠かせないinvoice 日本で全く習わないのに、アメリカであまりにも頻繁に使われていて驚いた、という単語の1つがinvoiceです。「請求書」という定義があります。 […]
  • 「~に関して」を表すregarding「~に関して」を表すregarding regardingは「~に関して、~について」を意味する前置詞として使われます。類義語のaboutよりもかしこまった感じがありますが、知らないところで意外と使っている単語なのです […]
  • 「よろしくお願いします」を英語で 文書編「よろしくお願いします」を英語で 文書編 日本語の文書では、最後を「よろしくお願いします」で締めくくることが多いですね。ですが英語では、「よろしくお願いします」に当たる表現がないので、ほかの定番表現を使うことになります。 […]

Leave a comment

Your email address will not be published. Required fields are marked *