「紹介を受ける」という表現


Share on LinkedIn
Pocket

ビジネスの世界では人からの紹介が非常に重要ですね。例えば、取引先から紹介されて知らない会社にコンタクトする場合の「紹介」はintroduceではなくreferという単語を使います。人と人が知り合う意味での紹介がintroduceなのに対し、専門家や人脈などを推薦する紹介はreferという単語が適切です。

 1) We were referred to your firm by Mr. Boyle of ABC Consulting.
  (ABCコンサルティングのボイル氏から御社へ紹介を受けました)

「~から紹介されて」という時には1)のように表現します。ここではwere referredと受動態で「紹介を受けた」として使っていますが、能動態にすると以下のようになります。

 2) Mr. Boyle of ABC Consulting referred us to your firm.
  (ABCコンサルティングのボイル氏が御社へ紹介してくれました)

どちらも固有名詞を置き換えて英文メールでそのまま使える文章です。

単なる紹介ではなく、referには「推薦する、差し向ける」といったニュアンスが含まれているのです。referの名詞形はreferral(紹介、推薦)で、これも重要単語です。以下のような表現で頻繁に使います。

 3) Do you have a referral?
  (どなたかのご紹介ですか?)

 4) Can you make a referral to a specialist?
  (専門家を紹介していただけませんか?)

動詞も名詞も、すごくプロフェッショナルな響きがあるので、ぜひ活用したいですね。

Share on LinkedIn
Pocket

Leave a comment

Your email address will not be published. Required fields are marked *