「明確にする」を意味するclarify


Share on LinkedIn
Pocket

「明確に示す」や「分かりやすく説明する」を英語で表そうとする時、show clearlyやexplain clearlyのように動詞+副詞で考えがちですが、clarifyという動詞だけで表すことができます。

 1) Can you clarify your question?
  (今の質問をわかりやすく言っていただけますか?)

1)のようにclarifyは、それだけで「明確にする」「分かりやすく言う」という意味があり、clearlyのような副詞を伴う必要がありません。会議などでもよく使われる表現です。

 2) Let me clarify.
  (分かりやすく説明させて下さい)

2)は決まり文句として使われます。自分の発言を相手が誤解している時や混乱している時などにこう言って要点をハッキリさせます。

 3) Our team set forth a new term goal today.
  (我々のチームは今日、新たな期間目標を発表した)

3)は句動詞です。set(置く、セットする)、forth(前方に)の意味から、「明確に示す、発表する」として使われます。日本語の訳ではなくイメージとして覚えておくといい表現ですね。

 4) We should define the “market value” first in the report.
  (報告書ではまず「市場価値」の定義を明確にするべきです)

4)のdefineは「定義する」という動詞です。英語では「(言葉の)定義を明確にする」「意味をハッキリさせる」としてよく使います。



他のビジネス英語ブログを見る



関連記事

  • 動詞としてのoutline動詞としてのoutline outlineは日本語でも「アウトライン」というように名詞では「輪郭、骨子、概要」という意味ですが、動詞で「要点を述べる、概説する、簡単にまとめる」としても非常によく使われます。 […]
  • 相手の意見を聞く「どう思いますか?」という表現相手の意見を聞く「どう思いますか?」という表現 相手の意見を求める定番表現。「どう」の部分にhowを使いたくなりますが、howでは「どうやって考えるか?」になってしまうので、whatを使って「~について何を考えるか?」と表現し […]
  • 同意の表現「私もそう思う」同意の表現「私もそう思う」 日本語の「思う」という動詞は、とても広い用途で使われる単語です。それらのすべてをthinkという単語に置き換えると語弊が出てしまいます。 […]
  • 動詞のcreditの使い方動詞のcreditの使い方 多くの意味を持つcreditですが、動詞としての使い方を見てみましょう。アメリカの金融事情とも深い関連があります。 […]
  • 「~のように、~の通り」の表現「~のように、~の通り」の表現 文章の中で「すでにお話したように」や「カタログにある通り」といった言い方をよくしますよね。その時に便利な表現を紹介します。 […]
  • 「署名する」のsign、「署名」のsignature「署名する」のsign、「署名」のsignature 動詞のsignは「署名する」という意味、その名詞である「署名」はsignatureです。名詞として使うsignは「標識、看板、記号、兆候」と、間違いやすいので注意が必要です。 […]

Leave a comment

Your email address will not be published. Required fields are marked *