英語では「領収書=レシート」、receiptの使い方


Share on LinkedIn
Pocket


「受け取る」を意味するreceiveの名詞で、「受け取ること」と意味するのがreceiptです。pが無声なので発音は“レシート”となります。そう、日本語にもなっているレシートです。

お金に関連して使われることが多く、「受領、領収、領収書」といった意味があります。日本にはレシートと別に発行する領収書がありますが、これは日本独自の習慣ですので、欧米では「レシート=領収書」になります。

 1) Can I have a receipt?
  (領収書をもらえますか?)

アメリカでも経費の精算のために領収書が必要なので、よく1)のように言います。

 2) Would you like your receipt in print or by email?
  (紙とメール、どちらの領収書がよろしいですか?

最近は紙に限らず、電子ファイルで送る領収書も増えました。そのため小売店で2)のように聞かれることがよくあります。

一般的にreceiptを「レシート、領収書」の意味で使っていますが、正確にはreceipt of payment、つまり「支払い受領書」のことを指します。receipt of orderといえば「受注書」ですし、receipt of documentsで「書類受領書」となります。

 3) Payment is due upon receipt of invoice.
  (請求書受領後の即時払い)

3)のように、upon receiptというフレーズをよく使います。「受け取り次第」という意味で、ビジネスの重要語彙です。請求書(invoice)の支払期限にこう書かれていたら、「受領後即時払い」を要求しているということです。また、主に文書で以下のような表現も一般的です。

 4) We will contact you upon receipt of the form.
  (用紙を受け取り次第、ご連絡します)

「受け取ったらすぐ」はas soon asのような接続詞を使ってセンテンスをつくりたくなりますが、3)のようにupon receipt of~でシンプルかつプロフェッショナルな表現が可能なのです。

関連語としてrecipientという頻出単語も覚えてしまいましょう。お金に限らず広く「受け取る人」を意味します。例えば、手紙の「受取人」、メールの「受信者」、年金の「受給者」など。発音は“レシピエント”です。

*receive(受け取る)もう1つの名詞であるreceptionに関する記事は⇒ こちら


他のビジネス英語ブログを見る


関連記事

  • 「受付、受信、歓迎」など用途の広いreception「受付、受信、歓迎」など用途の広いreception 日本語でも最近“レセプション”とよく言いますよね。「宴会、披露宴、パーティ」のお洒落な呼び方という感じでしょうか。receptionはそれ以外にも、実にいろいろな意味があります。 […]
  • パーティの種類、呼び方パーティの種類、呼び方 年末年始に何かと多いパーティ。それを表す単語はpartyだけではなく、ball、reception、potluckなどがあります。パーティの内容によって使い分けます。異なるタイプ […]
  • 締切や期限を表すdue締切や期限を表すdue 「~する予定で、期限が来て」という形容詞であるdueは、支払いに関連してよく使われる単語です。due on Friday(金曜日が期限)、past […]
  • 「署名する」のsign、「署名」のsignature「署名する」のsign、「署名」のsignature 動詞のsignは「署名する」という意味、その名詞である「署名」はsignatureです。名詞として使うsignは「標識、看板、記号、兆候」と、間違いやすいので注意が必要です。 […]
  • 英文メールの書き方7 body(本文)4英文メールの書き方7 body(本文)4 本文の最後は「よろしくお願いします」的なフレーズで締めくくりたくなりますね。ですが英語には「よろしくお願いします」にぴったり当てはまる表現がありません。ですから、文脈によって締め […]

Leave a comment

Your email address will not be published. Required fields are marked *