口語ではtalk~into/out ofが「説得する」に最適


Share on LinkedIn
Pocket


talkは「話す」という自動詞として習い、talk to~(~に話す)、talk about~(~について話す)のように、前置詞を伴って他の語と結びつきますね。ですがtalkには他動詞の使い方もいくつかあります。

ここで紹介するのはtalk~into/out ofという表現です。talkの後に人が来て「~を説得する」という他動詞として使います。

 1) I talked my colleague into vacation.
  (同僚に休暇を取るよう説得しました)

1)のようにtalk someone into~で「人に~を説得する」という表現です。「説得する」はpersuadeやconvinceという単語を習いますが、日常会話ではtalk~intoが非常によく使われます。

分かりやすく言うと「同僚に話をして休暇を取るよう仕向けた」という解釈です。

 2) We managed to talk our boss into buying the new computer system.
  (上司に話をして、なんとか新しいコンピューターシステムを買ってもらうことになりました)

2)のように、intoの後に動詞のing形が来ることも可能です。注意したいのは、この表現が「説得する」行為そのものを差すのではなく、「説得することに成功する」という意味を持つことです。日本語の訳に書いたように「話をして~させる」と考えるとわかりやすいと思います。

反対の表現としてtalk someone out of~があります。「~しないよう説得する」になります。「話をして~から抜き出す」という解釈ですね。

 3) My boss talked me out of quitting the job.
  (上司に説得されて仕事を辞めないことにした)

3)は「上司から仕事を辞めないよう説得された」という意味ですが、説得は成功しているので「辞めないことにした」となります。

 4) I’m trying to talk my sister out of that jerk!
  (あんな最悪な男やめとけって妹に言ってるんだけど・・・)

説得がまだ成功していない時は、4)のようにtrying toを使って「話をしている最中」と表現できます。

 5) Josh was going to drive home after having a couple of beers, but his friends talked him out of it.
  (ジョッシュはビールを2本飲んだ後、運転して帰ろうとしたが、彼の友達が説得してやめさせた)

5)で説得してやめさせたのは「運転して帰ること」で、最初の文章全体を最後のitで受けています。こういう使い方も多いですね。

was going to~は「~しようとした、~するところだった」という表現としてよく使います。

ネイティブのような表現に近づくために句動詞の活用をお勧めしています。句動詞に関する記事一覧は ⇒こちら


他のビジネス英語ブログを見る



関連記事

Leave a comment

Your email address will not be published. Required fields are marked *