「一通り説明する」を意味するtalk/walk~through


Share on LinkedIn
Pocket


ネイティブスピーカーのような自然な英語を話すコツの1つに、句動詞(群動詞)の活用を上げることができます。ここで紹介するtalk(またはwalk)~throughのように「動詞+前置詞」のフレーズを句動詞と総称しています。前置詞がつくことで意味がだいぶ変わる動詞もあります。

「一通り説明する」を日本語から英語に直そうとすると、explain the whole processのような表現になってしまうと思います。これでも間違っていないのですが、talk/walk~throughのような表現が出てくるとかなりネイティブらしく聞こえます。

 1) The vendor talked us through the shipping process.
  (業者は我々に発送プロセスを一通り説明してくれた)

1)のように、talk(またはwalk)someone through~で「人に~を一通り説明する、一部始終を話す」という表現です。talkとwalkの違いはほとんどないと言って良いでしょう。「talkは話のみでの説明、walkは行動しながら」という捉え方もありますが、実際の使われ方ではそこまで差別化していないと思います。

 2) Excuse me. Can you walk me through how to operate this machine?
  (すみません、この機器の操作方法を一通り説明してくれますか?)

2)のように、throughの後にhow to~のような節が来ることも可能です。ここではthe machineが目の前にあると想定して、一緒に使いながら説明するならtalkよりwalkのほうが適切と言えるでしょう。

 3) Please walk us through your resume.
  (あなたの履歴について一通り説明して下さい)

3)は就職面接での定番フレーズです。talkも使われますが、敢えてwalkと言うのは面接官の目の前に履歴書があるからです。単に言葉で説明というより、「履歴書になぞらえて」といったニュアンスがwalkにあるように思います。

関連記事:
「口先だけ」はtalk the talk、「実行する」はwalk the walk

ネイティブのような表現に近づくために句動詞の活用をお勧めしています。句動詞に関する記事一覧は ⇒こちら


他のビジネス英語ブログを見る



関連記事

Leave a comment

Your email address will not be published. Required fields are marked *