Director(取締役)という肩書き、役割


Share on LinkedIn
Pocket


「指示する、方向を定める」を意味するdirectの名詞であるdirectorは、広い意味で「指示する人」を表します。企業におけるdirectorは「取締役」として使います。経営を判断する人達で、その集まりがboard of directors(取締役会)となります。

アメリカ型企業統治において取締役会と役員は別の人物で構成するのが一般的です。board of directorsは株主の代表であり、社外の人間も多く含みます。このboardが執行役(役員)であるofficerを任命します(officerに関する解説は⇒こちら)。

日本の企業における取締役(director)

日本の企業構成においては「代表取締役社長」のように、取締役と役員を兼務するのが通常ですね。また、取締役にも色々な役職があります。それらの対訳例が以下となります。

 Representative Director(代表取締役)
 Executive Managing Director(専務取締役)
 Managing Director(常務取締役)

代表取締役社長は英語でPresident/Representative Directorと表すことができます。2つの役職を兼務していることになるんですね。また、海外の人に分かりやすくするためにPresident/CEOと表記しているケースもあります。

最近はcreative director(クリエイティブディレクター)、director of planning and operation(企画実行ディレクター)という使い方もあって、その場合は「取締役」ではなく「長」という意味合いのことが多いです。クリエイティブ部門のトップ、企画実行部のトップということですね。

企業以外でもdirectorという役職はたくさんあります。非営利団体や政府機関のトップをdirectorを使って表します。以下がその例です。

 Director of John F. Kennedy Space Center(ケネディー宇宙センター所長)
 Deputy Director of Central Intelligence Agency(中央情報局副長官)

これらも日本語の「長」にあたる使い方で、組織のトップを表しています。

アメリカ人はdirectorと聞くとfilm director(映画監督)やmusic director(指揮者)を連想する人が多いようです。ちなみに日本の放送業界で使う「ディレクター」は現場を取り仕切る責任者といった存在で、監督業とはまた違いますね。

関連記事:
Officerという肩書き、役割
Presidentという肩書き、役割
Vice Presidentは本当に副社長?


他のビジネス英語ブログを見る



関連記事

Leave a comment

Your email address will not be published. Required fields are marked *