「~まで(歩いて、車で)送る」の表現


Share on LinkedIn
Pocket


「ロビーまで送ります」「駅まで送ります」のように、日本語で「送ります」という表現をよく使いますね。「見送る、送迎」といった類語もあります。英語では、どういう手段で送るのか、どこからどこに送るのかによって表現が変わってきます。

 1) I’ll walk you to the lobby.
  (ロビーまで送りますよ)

定番フレーズです。企業を訪問して帰る時、1)のようによく言いますね。訪問者がオフィスで迷わないように(または一人で行動しないように)出口まで歩いて付き添うことを伝える表現です。walkの後に人が来て「~と一緒に歩く、~に付き添って歩く」という意味になります。たいてい「~まで」という目的地が伴い、lobbyの代わりにelevatorやexitなどもよく使います。

I walk to the station.(私は駅まで歩きます)のように、walkは「歩く」という自動詞として習いました。ですが、このように「~を歩かせる」という他動詞としてもアメリカでは日常的に使います。

 2) Let me walk you out.
  (外まで見送りましょう)

2)も似たような表現です。walk someone outも出番が多いフレーズで、室内にいて出口まで案内する時に使います。ここではoutが「外まで」という目的地の代わりを果たしています。

 3) I’ll walk you home.
  (家まで送ります)

3)は、男性が女性によく言うフレーズですね。車社会のアメリカではあまり使う機会がないのですが。ここではhomeを「家まで」と副詞的に使っています。I’ll walk you to your place.も同義です。

 4) I have to hurry home to walk my dog.
  (犬を散歩させるために早く帰らなきゃ!)

目的地を伴わずwalk+目的語だけで4)のように「~を散歩させる」という意味になります。たいていはペットの散歩ですが、リハビリ中の患者などを「歩かせる」といった使い方もあります。hurry homeで「家まで急ぐ」です。

 5) He’ll drive you home.
  (彼が家まで送ります)

車社会のアメリカでは3)よりも5)を使う機会が断然多いですね。車で送る場合はwalkの代わりにdriveになります。「運転する」を意味すdriveは、drive a carのように車などの目的語が来ると習いましたが、このように人を伴って「人を~まで車で送る」というフレーズになります。

I’ll give you a ride(またはlift) home.という同義フレーズもあり、rideとliftは「乗り物に乗ること」なので車以外にもバイクや自転車で送る場合に使えます。

 6) Can I ask you to take me to the nearest station?
  (最寄り駅まで送ってくれますか?)

「付き添って歩く」という意味は薄れますが、6)のようにtakeを使って「~まで連れていく」という表現も可能です。takeなら徒歩、車、自転車、タクシーなどあらゆる手段に適用できます。

 7) We’ll see you off at the airport.
  (空港まで見送りに行きます)

別れの挨拶のための「お見送り」として、7)のようなsee someone off(~を見送る)という表現があります。ただ、アメリカではあまり使わないように思います。むしろWe’ll meet you at the airport to say goodbye.(お別れの挨拶のために空港でお会いします)のようなストレートな表現をよく聞きます。

ネイティブのような表現に近づくために句動詞の活用をお勧めしています。句動詞に関する記事一覧は ⇒こちら


他のビジネス英語ブログを見る


関連記事

Leave a comment

Your email address will not be published. Required fields are marked *