カテゴリー インプット


「明確にする」を意味するclarify

「明確にする」や「分かりやすく説明する」を英語で表そうとする時、show clearlyやexplain easilyのように動詞+副詞で考えがちですが、clarifyという動詞だけで表すことができます。


「実行する」を表すimplement

何かを「実行する」、例えば計画や提案などと組み合わせてビジネスの場で使いたいのがimplementという単語です。executeもほぼ同義ですが、こちらは「死刑を実行する」という意味もあり、あまり使うのを好まない人がいます。


形容詞としてのsignature

「署名する」という動詞はsign、「署名」という名詞はsignatureという違いをぜひ明確にしたいですが、実はsignatureは「とっておきの、特製の、お勧めの」という形容詞の意味もあります。


「満室、空室、満席、空席」空き状況を表す表現

英語で空き状況を表すのは非常にシンプルで、「空いている」はavailable、「空いていない」はunavailableという形容詞を使います。この2つは席、部屋、会場など、あらゆることの空きに使えます。


動詞としてのoutline

outlineは日本語でも「アウトライン」というように名詞では「輪郭、骨子、概要」という意味ですが、動詞で「要点を述べる、概説する、簡単にまとめる」としても非常によく使われます。


「突出した」を意味するoutstanding

outstandingは「突出した、卓越した、目立った」という意味の頻出単語で、stand out(目立つ)という動詞句の形容詞形になります。非常によく使われる単語です。


「~のように、~の通り」の表現

文章の中で「すでにお話したように」や「カタログにある通り」といった言い方をよくしますよね。その時に便利な表現を紹介します。


「力になる」を表すbe of help

ビジネスでbe of helpやbe of assistanceという表現をよく使います。be of~で「~になる、~の状態である」という動詞の意味があり、その後にhelpが来ると「力になる」、assistanceで「役に立つ」といった意味になります。


使う用途が広いassociate

名詞としてのassociateを取り上げます。使う用途がだんだん広がっていった単語で、今は「仲間、同僚、共同経営者、従業員」など様々な意味があります。


動詞のcreditの使い方

多くの意味を持つcreditですが、動詞としての使い方を見てみましょう。アメリカの金融事情とも深い関連があります。


「会議」を英語で表すと?

会議、つまり複数の人が集まって話し合う場を表す単語はたくさんあります。日本語でもミーティングといったり、打ち合わせといったり、カンファレンスといったり・・・。その語彙を少し整理してみましょう。


締切や期限を表すdue

dueは「~する予定で、期限が来て」を意味する形容詞で、支払いに関連してよく使われます。例えば請求書にはこんな風に書かれています。