カテゴリー 英語の肩書き・役職

ビジネスパーソン必見!英語の肩書き、役職を幅広くカバー。よるある勘違いや企業組織の違いも解説


Director(取締役)という肩書き、役割   Updated!

企業におけるdirectorは「取締役」という意味で使います。経営を判断する人達で、その集まりがboard of directors(取締役会)となります。日本の企業にはRepresentative Director(代表取締役)、Executive Managing Director(専務取締役)、Managing Director(常務取締役)など、取締役にもいろいろな種類があります。


Presidentという肩書き、役割   Updated!

「社長」の対訳として使われるpresidentですが、実は組織や国家のトップを広く表す単語で、アメリカではPresident Obama(オバマ大統領)のように「大統領」として使われることが最も多いと言えます。むしろ企業のトップとして使われるケースは減ってきているようです。


Officer(執行役)という肩書き、役割

アメリカでは、社長(president)がトップに立つ企業と、最高経営責任者(chief executive officer)がトップに立つ企業に大きくわけることができます。後者はofficer(執行役)が経営を担う、いわゆる“アメリカ型企業統治”に基づいたものです。日本の企業にはない、officerという肩書きと役割を解説します。


「部長、課長」にあたる英語の役職

アメリカの企業においてvice presidentは「副社長」ではなく部署のトップを示す肩書きとして定着しています。日本の「部長」にあたる役職ですね。よくVPと省略されます。VP of Technology and Manufacturingとあれば「技術製造部長」になります。


英語で表す「同僚、同期、先輩、後輩」 2   Updated!

日本には同僚、同期、先輩、後輩といった社内の人間関係に基づいた呼び方があります。英語ではどれもco-workerまたはcolleagueで間に合ってしまいますが、関係を明確にしたい時に使える表現を紹介します。


Vice Presidentは本当に副社長?   Updated!

アメリカの企業担当者と名刺交換すると、vice presidentの肩書きを持つ人が本当に多いことに気づきます。「代理」の意味を持つviceですから「副社長」と訳すことができますが、副社長ってそんなにたくさん必要なんでしょうか?


英語で表す「上司、部下」   Updated!

「上司」にあたる単語はbossですよね。これは広く知られています。では「部下」はなんでしょうか?


和製英語のサラリーマン、OLを英語で表すと?

サラリーマン、OLが和製英語というのは有名ですよね。「お仕事は?」と聞かれて「サラリーマン(OL)やってます」と答えるのは日本独特だと思います。「OL」はよくan officer workerと訳されています。ですがアメリカで職業について質問すると、I’m an office worker.という答えが返ってくることはまずありません。


高橋課長はManager Takahashi?

日本語では「高橋課長」のように名前に肩書きをつけて呼ぶことが多いですが、英語でManager Takahashiと呼ぶことはありません。