カテゴリー 英単語・フレーズ

ビジネスで是非とも知っておきたい単語やフレーズ。基礎的な語彙から応用まで幅広くカバー


「前後関係、文脈、背景」などを意味するcontext

contextという単語は「前後関係、文脈、背景、共通項」など、使い方によって色々な意味になり得ます。in contextで「前後関係から」、out of contextで「支離滅裂」、high contextで「高度な予備知識が必要な」といった捉え方ができます。


「予定を立てる」を意味するslate

日本ではあまり習わないけれどアメリカで頻繁に使う単語の1つにslateがあります。「~を計画する、予定を立てる」という意味の動詞です。clean slateで「白紙の状態」という意味もあります。


「一通り説明する」を意味するtalk/walk~through

「一通り説明する」を日本語から英語に直そうとすると、explain the whole processのような表現になってしまうと思います。これでも間違っていないのですが、talk/walk~throughのような表現が出てくるとかなりネイティブらしく聞こえます。


口語ではtalk~into/out ofが「説得する」に最適

「説得する」にpersuadeやconvinceという単語を習いますが、日常会話ではtalkという動詞を使い、talk someone into~で「人を~するよう説得する」、talk someone out of~で「人を~しないよう説得する」と表現するのが一般的です。


「受付、受信、歓迎」など用途の広いreception

日本語でも最近“レセプション”とよく言いますよね。「宴会、披露宴、パーティ」のお洒落な呼び方という感じでしょうか。receptionはそれ以外にも、実にいろいろな意味があります。


英語では「領収書=レシート」、receiptの使い方

「受け取る」を意味するreceiveの名詞で、「受け取ること」と意味するのがreceiptです。pが無声なので発音は“レシート”となります。そう、日本語もなっているレシートです。お金に関連して使われることが多く、「受領、領収、領収書」といった意味があります。


「取引する、取引、取引先」はどう表現する?

日本語の「取引する」「取引」はとても広い意味で使われます。英語で表す場合は「商取引」を意味するbusinessが適していることが多いですが、transaction、deal、tradeなど別の単語が当てはまることもあります。


「実行する」を表すimplement

何かを「実行する」、例えば計画や提案などと組み合わせてビジネスの場で使いたいのがimplementという単語です。executeもほぼ同義ですが、こちらは「死刑を実行する」という意味もあり、あまり使うのを好まない人がいます。


形容詞としてのsignature

「署名する」という動詞はsign、「署名」という名詞はsignatureという違いをぜひ明確にしたいですが、実はsignatureは「とっておきの、特製の、お勧めの」という形容詞の意味もあります。


「満室、空室、満席、空席」空き状況を表す表現

英語で空き状況を表すのは非常にシンプルで、「空いている」はavailable、「空いていない」はunavailableという形容詞を使います。この2つは席、部屋、会場など、あらゆることの空きに使えます。


動詞としてのoutline

outlineは日本語でも「アウトライン」というように名詞では「輪郭、骨子、概要」という意味ですが、動詞で「要点を述べる、概説する、簡単にまとめる」としても非常によく使われます。