カテゴリー 会話・雑談

会社でのスモールトークから接待での会話など、ビジネスで使えるさまざまな表現を紹介


「~まで(歩いて、車で)送る」の表現   Updated!

「ロビーまで送ります」「駅まで送ります」のように、日本語で「送ります」という表現をよく使いますね。「見送る、送迎」といった類語もあります。英語では、どういう手段で送るのか、どこからどこに送るのかによって表現が変わってきます。


「お勧めはありますか?」の表現

「お勧め」にrecommendationという単語がよく紹介されていますが、これは「推薦、勧告」といった意味が強く、会話ではちょっと大げさな感じがします。


意外と知られていないrecap   Updated!

ビジネスの場でrecapという単語をよく使います。日本ではrescheduleのことを「リスケ」と言ったりしますが、recapはカタカナ語としてまだ使われていないようですね。


「私の連れです」を超シンプルに表現   Updated!

招待客のみのパーティに招かれて、同行者を連れて行くとします。受付で「彼女は私の連れ(同行者)です」と説明する時にどんな表現を使いますか?


「関係がある、ない」の表現   Updated!

「関係がある、ない」にはrelatedやassociatedだけでなく、have something to do withという口語表現が一般的です。


「ふーん」「わっ」「やった」など英語の感嘆表現   Updated!

「ふーん」「わー」「あっ」のような表現がありますよね。感情、叫び、呼びかけなどを表す単語です。それを感嘆詞(または感動詞)と総称しています。英語にも当然こういった言葉があって、日本語と似ているもの、異なるものがあります。


「よろしくお願いします」を英語で 会話編   Updated!

「よろしくお願いします」にぴったり当てはまる表現は英語にはありません。日本語の「よろしくお願いします」は実にいろいろな意味で使っているので、英語ではその時のシチュエーションに合わせて表現を変えなければなりません。