タグ 英文


redeemの使い方

redeemはいろいろな定義を持ち、専門的な使われ方もするのですが、ビジネスに絡んだ用途を中心に見ていくことにします。基本となるのは「取り戻す」という意味です。


「ご安心下さい」の表現

Eメールなどでよく「~ですのでご安心下さい」のように言いますよね。そんな時に便利なのがassuredを使った表現です。


「喜んで~します」の表現方法

「喜んで~します」は意思や行動を示すポジティブな表現です。未来型を使って「~することは嬉しいだろう」と表します。


「紹介を受ける、紹介される」の表現   Updated!

取引先から紹介されて知らない会社にコンタクトする場合の「紹介」はintroduceではなくreferという単語を使います。人と人が知り合う意味での紹介がintroduceなのに対し、専門家や人脈などを推薦する紹介はreferという単語が適切です。


「ご注意下さい」を表す動詞のnote   Updated!

Eメールや書類などに、Please note~とかNote that~という文がよく出てきます。こういう場合のnoteは動詞として使っています。「~に注意する、気に留める、気づく」という意味があります。


英文メールの書き方10 note(備考)

署名欄の下、最後の最後にnote(備考)がついているEメールをよく見かけます。たいていは情報の機密に関する断り書きです。例を見てみましょう。


英文メールの書き方6 body(本文)3

英文メールの本文(用件)が長くなってしまったら、最後に要約をまとめるといいでしょう。In summaryやin conclusionといった定番フレーズを使った例文を紹介します。


receptionist

「~しに来た」は過去形で表現しない

企業の訪問時に受付で「スミスさんに会いに来ました」のように言いますよね。日本語では「~しに来ました」と過去形で表現しますが、英語では少し発想が違います。


「失くした=lost」とは限らない

「家の鍵を失くしたかも」と言う時、どう表現しますか?I think I lost my key.でしょうか?lostと過去形で表現するのは、鍵を失ってもう出てこないと判断した時です。