タグ 役職


Officer(執行役)という肩書き、役割

アメリカでは、社長(president)がトップに立つ企業と、最高経営責任者(chief executive officer)がトップに立つ企業に大きくわけることができます。後者はofficer(執行役)が経営を担う、いわゆる“アメリカ型企業統治”に基づいたものです。日本の企業にはない、officerという肩書きと役割を解説します。


「部長、課長」にあたる英語の役職

アメリカの企業においてvice presidentは「副社長」ではなく部署のトップを示す肩書きとして定着しています。日本の「部長」にあたる役職ですね。よくVPと省略されます。VP of Technology and Manufacturingとあれば「技術製造部長」になります。


Vice Presidentは本当に副社長?

アメリカの企業担当者と名刺交換すると、vice presidentの肩書きを持つ人が本当に多いことに気づきます。「代理」の意味を持つviceですから「副社長」と訳すことができますが、副社長ってそんなにたくさん必要なんでしょうか?


高橋課長はManager Takahashi?

日本語では「高橋課長」のように名前に肩書きをつけて呼ぶことが多いですが、英語でManager Takahashiと呼ぶことはありません。