「お勧めはありますか?」の表現

Last updated: September 20, 2016 


「お勧め」にrecommendationという単語がよく紹介されていますが、これは「推薦、勧告」といった意味が強く、会話ではちょっと大げさな感じがします。

例えば、いろいろな商品やサービスがあって、その中から担当者のお勧めを聞く場合は、こんな表現が適切です。

1) Do you have any suggestions?
(何かお勧めはありますか?)

2) Which one do you suggest?
(どれがお勧めですか?)

suggestは「提案する」と習いますが、「勧める」にも当てはまります。会話でよく出てくる単語です。

3) Can you advise me on which wine to select?
(どのワインがいいかお勧めしてくれますか?)

adviseは「アドバイスする」という動詞で、adviceとは綴りが異なります。直訳は「どのワインを選ぶべきかアドバイスしてくれますか?」ですが、実際はそれほどかしこまったニュアンスはなく「お勧めして下さい」に近いものがあります。

recommendationは例えば、Letter of Recommendation(推薦状)のようにフォーマルな使い方をします。letter of suggestionとは言いません。

suggestの類語としてpropose(提案する)があります。ビジネス上の「提案する」はproposeを使うことが多いですね。裏付けデータや専門的な見地に基づいた提案はsuggestと区別しています。proposal(企画書)という単語は日本でもよく使うと思います。

英作文に自信をつけるには?
寝る前3分でできる英会話アプリ!

Leave a Reply