「どのようなご用件ですか?」の定番表現

Last updated: May 1, 2018 


「どのようなご用件ですか?」はサービス業や窓口、受付などで必須のフレーズですよね。英語では以下の表現で対応することができます。

1) How can I help you?
(どのようなご用件でしょうか?)

1)の直訳は「どのようにあなたをお手伝いできますか?」です。至る所で使える表現なので覚えておいて下さい。

2) How may I assist you?
(ご用件をおうかがいします)

2)はよりかしこまった言い方です。「どのようにあなたをアシストできるでしょうか?」が直訳です。

日本の店頭では「いらっしゃいませ。今日はどのようなご用件ですか?」のように言いますが、英語には「いらっしゃいませ」に当てはまる表現がないので、Hello. How can I help you today?でオーケーです。

3) What can I do for you today?
(今日はどんなご入用ですか?)

3)は「今日はあなたのために何ができますか?」が直訳で、ややカジュアルなフレーズです。

電話口では以下のような決まり文句もあります。

4) Thank you for calling ABC Corporation. This is Jen. How can I help you?
(お電話ありがとうございます、ABCコーポレーションのジェンです。ご用件をうかがいます)

4)のように電話の受け方としては、会社名、自分の名前、最後に用件を聞く、という順番が定番です。

英作文に自信をつけるには?
寝る前3分でできる英会話アプリ!
他のビジネス英語ブログを読む

Leave a Reply