「代表、代理、担当」など広く使われるrepresentative

Last updated: April 30, 2018 


肩書きや立場を表現する時にrepresentativeという単語をよく使います。「代表者、代理人、担当者」という意味があり、職務によって使い分けています。

1) I am a sales representative of West Coast Bank.
(私はウエストコースト銀行の営業担当です)

ビジネスで多いのは1)のような使い方ですね。会社を代表して外部の人に接する職種をrepresentativeで表します。sales representativeで「営業部員、営業担当、販売員」となり、企業や小売店での職種、肩書きとして幅広く使われます。日本語でも「セールスレップ」と言ったりしますね。

2) I am here as a representative of XYZ Trading.
(本日はXYZ貿易の代理として参りました)

「代理」として使われることもあります。社外のコンサルタントなどが代理で外部の人に会う時、2)のように言います。社外の人でも、その会社を代表していることには変わりありません。

representativeがつくほかの肩書きをいくつか紹介します

customer representative (お客様担当、カスタマーサービス係)

⇒最近好まれている表現です。customer serviceというより響きがいいからでしょうか。

pharmaceutical representative (製薬会社販売員)

⇒営業担当ではありますが、製薬に関してはmedicalやpharmaceuticalをつけるのが一般的です。日本でもMRと呼んでいますよね。

Mid West representative (中西部代表)

⇒地域(または国)+representativeの組み合わせになると、その管轄地区の「代表者」という意味になります。

ビジネス以外のrepresentativeの使い方

U.S. Representative (米下院議員)

⇒連邦下院議員の固有名詞です。House of Representativesで組織としての「下院」となります。

47th-district representative (第47区の代議士)

⇒このように広い意味での「代議士」としても使われます。

legal representative (法定代理人)

⇒弁護士(attorney、lawyer)のことですね。
肩書きとして名刺に書いたりはしませんが、公的な書類などでよく目にする表現です。

英作文に自信をつけるには?
他のビジネス英語ブログを読む

Leave a Reply