book smartとstreet smart、あなたはどっち?

book smartとstreet smart、あなたはどっち?

英語にbook smart、street smartという形容があります。スマートフォンから分かるように、英語のsmartは「賢い」を意味します。前者は「学識がある、高い教育を受けている」タイプの賢者ということです。後者のstreet smartは、教育はないけれど実体験を通じて(ストリートで)色々なことを学んで知恵をつけている人を指します。

Read more

Director(取締役)という肩書き、役割

企業におけるdirectorは「取締役」という意味で使います。経営を判断する人達で、その集まりがboard of directors(取締役会)となります。日本の企業にはRepresentative Director(代表取締役)、Executive Managing Director(専務取締役)、Managing Director(常務取締役)など、取締役にもいろいろな種類があります。

Read more

Presidentという肩書き、役割

「社長」の対訳として使われるpresidentですが、実は組織や国家のトップを広く表す単語で、アメリカではPresident Obama(オバマ大統領)のように「大統領」として使われることが最も多いと言えます。むしろ企業のトップとして使われるケースは減ってきているようです。

Read more

Officer(執行役)という肩書き、役割

アメリカでは、社長(president)がトップに立つ企業と、最高経営責任者(chief executive officer)がトップに立つ企業に大きくわけることができます。後者はofficer(執行役)が経営を担う、いわゆる“アメリカ型企業統治”に基づいたものです。日本の企業にはない、officerという肩書きと役割を解説します。

Read more

「部長、課長」にあたる英語の役職

アメリカの企業においてvice presidentは「副社長」ではなく部署のトップを示す肩書きとして定着しています。日本の「部長」にあたる役職ですね。よくVPと省略されます。VP of Technology and Manufacturingとあれば「技術製造部長」になります。

Read more