アウトプット

アウトプット

英語でコミュニケーションする機会が増える中、「言っていることはだいたい分かるけれど、自分の考えを相手に伝えることができない」という悩みを持つビジネスパーソンが多いのではないかと思います。

「英単語やフレーズを必死に覚える」という受け身の学習が主流のため、日本人は自分で表現するために英語を学ぶことに慣れていません。ですがこれからは、「英語でこう伝えたい」という意志を基盤とした英語学習に切り換えなければ、コミュニケーションを成立させるのは難しくなります。

アウトプットをテーマとする投稿では、英語で表現するための練習をはじめ、単に訳すだけでは伝わらない発想の違い、コミュニケーションのコツなどを紹介しています。

アウトプットに関する記事一覧

企業の休業を伝える英文例

お盆、年末年始、ゴールデンウィークなどに企業や組織全体で取る休業を伝える英文例を紹介します。 (個人の休暇を伝える英文例は ⇒こちら) ...
続きを読む

「どのようなご用件ですか?」の定番表現

「どのようなご用件ですか?」はサービス業や窓口、受付などで必須のフレーズですよね。英語では以下の表現で対応することができます。 1) ...
続きを読む

「おごる、おごられる」の表現

「おごる」としてtreatという単語がよく紹介されていますが、自分を主語にして使うと「おごってやる」というニュアンスが見え隠れして、あまり好まれていないように思います。もっとスマートな言い方がたくさんあるので、特にビジネスではこういった表現をお勧めします。 1) ...
続きを読む

決まり文句「お気軽に~して下さい」の表現

Eメールやウェブサイトなどに「お気軽にお問い合わせ下さい」のような決まり文句を書きますよね。その「お気軽に~して下さい」にぴったりなのが以下の表現です。 1) ...
続きを読む

「ご安心下さい」の表現

Eメールなどでよく「~ですのでご安心下さい」のように言いますよね。そんな時に便利なのがassuredを使った表現です。 1) ...
続きを読む

個人の休暇を案内する英文例

海外の取引先に、夏休みや冬休みなど自分の休暇を連絡するための例文を紹介します。 (会社や組織全体の休業を伝える例文は ⇒こちら) ...
続きを読む

「紹介を受ける、紹介される」の表現

ビジネスの世界では人からの紹介が非常に重要ですね。例えば、取引先から紹介されて知らない会社にコンタクトする場合の「紹介」はintroduceではなくreferという単語を使います。人と人が知り合う意味での紹介がintroduceなのに対し、専門家や人脈などを推薦する紹介はreferという単語が適切です。 「紹介」に関する表現集 ...
続きを読む

「よろしくお願いします」を英語で 文書編

日本語の文書では、最後を「よろしくお願いします」で締めくくることが多いですね。ですが英語では「よろしくお願いします」に当たる表現がないので、ほかの定番表現を使うことになります。 1) Thank ...
続きを読む