アウトプット

アウトプット

英語でコミュニケーションする機会が増える中、「言っていることはだいたい分かるけれど、自分の考えを相手に伝えることができない」という悩みを持つビジネスパーソンが多いのではないかと思います。

「英単語やフレーズを必死に覚える」という受け身の学習が主流のため、日本人は自分で表現するために英語を学ぶことに慣れていません。ですがこれからは、「英語でこう伝えたい」という意志を基盤とした英語学習に切り換えなければ、コミュニケーションを成立させるのは難しくなります。

アウトプットをテーマとする投稿では、英語で表現するための練習をはじめ、単に訳すだけでは伝わらない発想の違い、コミュニケーションのコツなどを紹介しています。

アウトプットに関する記事一覧

企業の休業を伝える英文例

お盆、年末年始、ゴールデンウィークなどに企業や組織全体で取る休業を伝える英文例を紹介します。 (個人の休暇を伝える英文例は ⇒こちら) ...
続きを読む

「うまくいかせる」を表すwork it out

workという単語は「働く」という自動詞として習い、I work ...
続きを読む

「~まで(歩いて、車で)送る」の表現

「ロビーまで送ります」「駅まで送ります」のように、日本語で「送ります」という表現をよく使いますね。「見送る、送迎」といった類語もあります。英語では、どういう手段で送るのか、どこからどこに送るのかによって表現が変わってきます。 1) ...
続きを読む

「一通り説明する」を意味するtalk/walk~through

ネイティブスピーカーのような自然な英語を話すコツの1つに、句動詞(群動詞)の活用を上げることができます。ここで紹介するtalk(またはwalk)~throughのように「動詞+前置詞」のフレーズを句動詞と総称しています。前置詞がつくことで意味がだいぶ変わる動詞もあります。 「一通り説明する」を日本語から英語に直そうとすると、explain ...
続きを読む

口語ではtalk~into/out ofが「説得する」に最適

talkは「話す」という自動詞として習い、talk to~(~に話す)、talk ...
続きを読む

相手の意見を聞く「どう思いますか?」という表現

相手の意見を求める定番表現を紹介します。「どう」の部分にhowを使いたくなりますが、howでは「どうやって考えるか?」になってしまうので、whatを使って「~について何を考えるか?」と表現します。 1) ...
続きを読む

「どのようなご用件ですか?」の定番表現

「どのようなご用件ですか?」はサービス業や窓口、受付などで必須のフレーズですよね。英語では以下の表現で対応することができます。 1) ...
続きを読む

「仕方がない」は状況で表現を使い分ける

日本語で「仕方がない」というフレーズを頻繁に使いますが、英語で表現するとどうなるでしょう?実は用途が広すぎるフレーズなので、状況によって表現が変わってきます。 1) ...
続きを読む

「~するつもり」「そういうつもり」の表現

自分の意図を表すために「~するつもり」「そういうつもり」のような言い方をしますよね。英語にも同じような表現があります。 1) ...
続きを読む

「~だったら~したのに」の仮定表現

「あの時~だったら~したのに」と過去の話を仮定する表現をまとめます。would have+完了形が基本となります。 ...
続きを読む

「~なら良かったのに」の仮定表現

「~だったら良かった」「~できたら良かった」という仮定の表現は日常会話でよく使います。wishを用いて「~を願う」と表現します。 1) ...
続きを読む

「春が来た」はSpring has comeであっている?

このブログでは日本語と英語の時制表現が必ずしもマッチしないことを繰り返し説明しています。タイプの違う例をいくつかまとめます。 「春が来た」と日本語で表現する時、「来た」と過去形になりますよね。その英語として"Spring ...
続きを読む

「取引する、取引、取引先」はどう表現する?

日本語の「取引」はとても広い意味で使われます。英語では「商取引」を意味するbusinessが適していることが多いですが、別の単語が当てはまることもあります。 例文を見てみましょう。 ...
続きを読む

「満室、空室、満席、空席」空き状況を表す表現

英語で空き状況を表すのは非常にシンプルで、「空いている」はavailable、「空いていない」はunavailableという形容詞を使います。この2つは席、部屋、会場など、あらゆることの空きに使えます。 1) ...
続きを読む

「度が過ぎる、やり過ぎ」にあたる表現

「度が過ぎる、口が過ぎる、やり過ぎ」にあたる便利な表現があります。 1) ...
続きを読む

「おごる、おごられる」の表現

「おごる」としてtreatという単語がよく紹介されていますが、自分を主語にして使うと「おごってやる」というニュアンスが見え隠れして、あまり好まれていないように思います。もっとスマートな言い方がたくさんあるので、特にビジネスではこういった表現をお勧めします。 1) ...
続きを読む

「~したほうが良い」の表現

had betterはよく議論されるフレーズのトップ5くらいに入りますね。学校で「~したほうが良い」と習いませんでしたか?確かに直訳としてはその通りなのですが、使い方に十分な注意が必要です。 ...
続きを読む

動詞としてのoutline

outlineは日本語でも「アウトライン」というように名詞では「輪郭、骨子、概要」という意味ですが、動詞で「要点を述べる、概説する、簡単にまとめる」としても非常によく使われます。 1) ...
続きを読む

決まり文句「お気軽に~して下さい」の表現

Eメールやウェブサイトなどに「お気軽にお問い合わせ下さい」のような決まり文句を書きますよね。その「お気軽に~して下さい」にぴったりなのが以下の表現です。 1) ...
続きを読む

「~のように、~の通り」の表現

文章の中で「すでにお話したように」や「カタログにあるように」といった言い方をよくしますよね。その時に便利な表現を紹介します。 1) ...
続きを読む

「~で知った」「今知った」という表現

例えば、雑誌やウェブサイトを通じてある企業に興味を持ち、コンタクトするとします。「~で知りました」ときっかけを伝える時に使いたいのが、以下のような表現です。 1) ...
続きを読む

「私なら~するだろう」という仮定

仮定法の種類として、「自分なら~するだろう」「あの人なら~だと思う」という表現を見ていきます。 1) ...
続きを読む

「~できるかもしれない」という表現

「できるかもしれない」は「できる」と「かもしれない」を組み合わせたフレーズです。英語では「できる」のcanと「かもしれない」のmayという2つの助動詞を合わせることはできないので、canの代わりにbe able ...
続きを読む

「~ではないかと思う」という表現

良くない事態や好ましくないことを予想して「~ではないかと思う」をafraidを使って表します。 1) ...
続きを読む

「物事に対応中」の表し方

仕事相手から進捗状況を聞かれて、「現在トラブルに対応中です」のような返答をすることがあります。その「対応中」として使える表現をまとめます。 1) ...
続きを読む

「人に対応中」を超シンプルに表現

受付や電話などで特定の人の呼び出しを依頼されたとします。その人が「他の来客に対応している」と伝える時、どのように表現しますか? 1) ...
続きを読む

「~だと(できると)ありがたい」の表現

仮定法を使って「~だと(できると)ありがたい」と表現する方法をまとめます。 1) ...
続きを読む

「~があるとありがたい」という表現

「~があると」+「ありがたい」と2つの節にわけて考えたくなりますが、英語では非常にシンプルに表すことができます。 1) ...
続きを読む

「お勧めはありますか?」の表現

「お勧め」にrecommendationという単語がよく紹介されていますが、これは「推薦、勧告」といった意味が強く、会話ではちょっと大げさな感じがします。 例えば、いろいろな商品やサービスがあって、その中から担当者のお勧めを聞く場合は、こんな表現が適切です。 ...
続きを読む

「課長は外出しています」を表現すると?

「外出中」として電話や受付でよく使う表現を紹介します。May I ...
続きを読む

「私の連れです」を超シンプルに表現

招待客のみのパーティに招かれて、同行者を連れて行くとします。受付で「彼女は私の連れ(同行者)です」と説明する時にどんな表現を使いますか?「同行させる」としてaccompanyという動詞がありますが、実は超シンプルな単語を使って表すことができます。 1) ...
続きを読む

「ご安心下さい」の表現

Eメールなどでよく「~ですのでご安心下さい」のように言いますよね。そんな時に便利なのがassuredを使った表現です。 1) ...
続きを読む

「署名する」のsign、「署名」のsignature

signとsignatureはとても間違えやすい単語なので整理します。動詞のsignは「署名する」という意味です。以下のように使います。 1) ...
続きを読む

「特徴」は英語でどう表す?

日本語で「特徴」という言葉を本当によく使います。商品やサービスの「特徴」にはじまり、「当校の特徴」、「あの人の顔には特徴がない」、「成功する経営者の特徴」など、かなり幅広い意味を持っています。英語ではこれらが別々の単語や表現になります。 ビジネスでいちばんよく使うのはfeatureという単語です。よく“フューチャー”と読み間違える人がいますが“フィーチャー”です。こんな風に使います。 ...
続きを読む

「~する予定」を表すschedule

scheduleは名詞で「日程、スケジュール」としてよく使いますが、動詞では「~の予定を立てる」となります。日本語ではなぜか、予定を変更するとして「リスケジュールする」、さらに「リスケ」という言い方が定着していますが、scheduleを動詞としては使わないですね。 1) ...
続きを読む

「~なのになぜ?」という表現

「すでに契約書もあるのに、なぜ予算を再検討する必要があるのですか?」という文章の「~なのに」の部分をどう表現しますか?thoughやalthoughでしょうか?despiteやin spite ...
続きを読む

個人の休暇を案内する英文例

海外の取引先に、夏休みや冬休みなど自分の休暇を連絡するための例文を紹介します。 (会社や組織全体の休業を伝える例文は ⇒こちら) ...
続きを読む

「関係がある、ない」の表現

「関係がある」を表現するときにrelatedやassociatedといった単語を用いる人がいますが、これらは人間関係に使われることが多く、少しかしこまった響きもあります。口語では以下のような表現を活用しましょう。 1) ...
続きを読む

未来における可能性「~することができるだろう」

「~できる」という可能性、「~だろう」という未来の時制を組み合わせた表現です。 1) ...
続きを読む

「喜んで~します」の表現方法

「喜んで~します」は意思や行動を示すポジティブな表現です。未来型を使って以下のように表します。 1) ...
続きを読む

「紹介を受ける、紹介される」の表現

ビジネスの世界では人からの紹介が非常に重要ですね。例えば、取引先から紹介されて知らない会社にコンタクトする場合の「紹介」はintroduceではなくreferという単語を使います。人と人が知り合う意味での紹介がintroduceなのに対し、専門家や人脈などを推薦する紹介はreferという単語が適切です。 「紹介」に関する表現集 ...
続きを読む

「ご注意下さい」を表す動詞のnote

Eメールや書類などに、Please note~とかNote ...
続きを読む

「決まりましたか?」「準備ができた」は現在形で

日本語の過去表現が必ずしも英語の過去形に当てはまらない例です。 1) ...
続きを読む

「何があったんですか?」は英語では現在形

道を歩いていたら人だかりができていました。その先には人が倒れている姿が見えます。側にいる人に「何があったんですか?」と聞くにはどう表現しますか? 英語的な発想ではこうなります。 ...
続きを読む

「上から目線」を英語で表現すると?

「上から目線」というフレーズが定着しましたよね。他人を上から見下した言葉や行動を表す俗語です。これにぴったりなのがcondescendingという単語です。例文を使って見ていきましょう。 condescendingを使った例文: ...
続きを読む

同意の表現「私もそう思います」

日本語の「思う」という動詞は、とても広い用途で使われる単語です。それらのすべてをthinkという単語に置き換えると語弊が出てしまいます。 例えば、会議で相手の意見に同意して「私もそう思います」とよく言いますよね。英語でどう表現しますか? ...
続きを読む

「よろしくお願いします」を英語で 文書編

日本語の文書では、最後を「よろしくお願いします」で締めくくることが多いですね。ですが英語では「よろしくお願いします」に当たる表現がないので、ほかの定番表現を使うことになります。 1) Thank ...
続きを読む

「よろしくお願いします」を英語で 会話編

「『よろしくお願いします』は英語で何て言ったらいいですか?」という質問をよく受けます。 これにぴったり当てはまる表現は英語にはありません。日本語の「よろしくお願いします」は実にいろいろな意味で使っているので(少々使いすぎと感じることもあります)、英語ではその時の状況や前後関係に合わせて表現を変えなければなりません。 ...
続きを読む
receptionist

「~しに来た」は過去形で表現しない

企業の訪問時に受付で「スミスさんに会いに来ました」のように言いますよね。日本語では「~しに来ました」と過去形で表現しますが、英語では少し発想が違います。 1) ...
続きを読む

年末に送るgreeting cardsの傾向

アメリカでは12月に入ると、greeting cardの交換が始まります。日本の年賀状のようなもので、年が明ける前に「よい休暇をお過ごし下さい」「来年も良い年でありますように」というメッセージを送るのが特徴です。 ...
続きを読む
ビジネス英会話

会話で咄嗟に言葉が出てこない時の応急処置

会話で単語が咄嗟に出てこないこともありますよね。そんな時に黙って考え込んでいるのではなく、「待って」というサインを相手に出すといいと思います。 アメリカ人は頭でよく考えてから発言するというより、まず思ったことを発言する習慣が身についています。そのため沈黙を苦手とする傾向があり、相手が黙っていると話を促してきたり、回答をせかそうとすることがあります。 ...
続きを読む

「失くした=lost」とは限らない

「家の鍵を失くしたかも」と言う時、どう表現しますか? 1) ...
続きを読む